横浜市の障がい者福祉施設、社会福祉法人そよかぜの丘|子どもからお年寄りまで、だれもが「地域のなかで豊かに暮らしていくことの支援」をおこなっています。

  • いつでも、誰でも、誰とでも、安心して気軽に自由に利用できる。
 
 

2019年度港南区法人型区連携事業 講演会のお知らせ

2019年度港南区法人型区連携事業 講演会のお知らせ
 
「障害を持つ息⼦へ~息子よ。そのままで、いい。~」※受付は締め切りました
2019-12-06
※お申込みは定員に達しました。ありがとうございました。
 
障害を持つ息⼦へ~息子よ。そのままで、いい。~

誰かに⽀えられること、誰かを⽀えること。
私たちは皆、両⽅の側⾯を持っているのではないでしょうか。
障害のある⼈とその家族の暮らしをヒントに、これからの社会
について ⼀緒に考えてみませんか。
 
講師 神⼾⾦史(かんべ かねぶみ) ⽒
RKB毎⽇放送 報道局次⻑ 兼 東京報道制作部⻑。
⾃閉症児の⽗親の⽴場から毎⽇新聞記者時代に「うちの⼦」を連載。
RKB毎⽇放送ではドキュメンタリー「うちの⼦⾃閉症という障害を
持って」でJNNネットワーク⼤賞受賞。その後もメディアで横断的
な活動を続け、⽇本医学ジャーナリスト協会賞 ⼤賞、放送⽂化基⾦賞
ラジオ部⾨ 最優秀賞など数々の賞を受賞。
 
開催日時:2020年1 ⽉18 ⽇(⼟)13:30〜15:30
港南区役所 6階
主催 港南中央地域活動ホーム そよかぜの家
 

申込み先:港南区基幹相談⽀援センター
申込締切:1⽉9⽇(木)
申込⽅法:電話・Eメール・FAX
TEL 045-370-7502
FAX 045-370-7503
Eメール soudan-ie@soyokaze.or.jp
受付時間 9:00〜17:00
 
障害のある⼦の「親なきあと」※受付は締め切りました
2019-12-06
※お申込みは定員に達しました。ありがとうございました。
 
 
障害のある⼦の「親なきあと」~「親あるあいだ」の準備

いつか訪れる「親なきあと」。障害のある⽅が地域で安⼼して暮らしていけるよう、
今、家族や⽀援者ができることは何か。
ご⾃⾝が、障害をお持ちのお⼦さんの親でもある渡部先⽣に本⼈、親、きょうだいの⼼情を踏まえ、
今から何をすべきか、
お話を伺います。
 
講師:渡部 伸 先⽣
⾏政書⼠・社会保険労務⼠・「親なきあと」相談室主宰
 
開催⽇時:2020年1⽉31⽇(⾦)
講 演:9:45-11:45(開場9:30) 座談会:11:50-12:30
場所:港南区社会福祉協議会(港南区港南4-2-8 3階)
定員:60名 参加無料

申込み先:港南区基幹相談⽀援センター
申込締切:1⽉17⽇(⾦)
申込⽅法:電話・Eメール・FAX
TEL 045-370-7502
FAX 045-370-7503
Eメール soudan-ie@soyokaze.or.jp
受付時間 9:00〜17:00
<<社会福祉法人 そよかぜの丘>> 〒233-0003 横浜市港南区港南4丁目2−8 TEL:045-847-0230